ii4.jp

生活に役立つイイ情報

恐怖の販売テクニック

あなたならどうしますか?
ちょっとだけ、考えて欲しいのですが、、、

あなたは、寝具を販売するビジネスをしているとします。

そして、あなたは最近仕入れた新商品
たくさんの人に買ってもらうために、
折り込みチラシを打とう考えています。

その新商品とは、
一流大学の教授と一流企業の研究機関が
共同開発した100%ダニの侵入を防止する”枕カバー”です。

価格はなんと980円です。

さて、あなたならどんなチラシを作りますか?

  • 100%ダニの侵入を防止するという商品の効能をアピールしますか?
  • 一流大学の教授と一流企業の研究機関が共同開発をアピールしますか?
  • それとも、980円という価格の安さをアピールしますか?

商品のどのポイントをアピールにするにしろ、もっと楽に売る方法があります。

それは、商品をアピールする前に

次のようなネガティブな情報をチラシに書いておくのです。

実は、2年間使用した枕の重さの10%は、
ダニの死骸とその排泄物だと知っていましたか?

実はあなたの枕カバーには、
何千、何万匹というダニがいます。
そのダニはどんどん卵を生み続けます。

ダニの数は増えるだけではありません。
そのダニは糞を撒き散らしたり、
そのまま死んでいくダニがどんどん増えていきます。
しかも、それは日に日にそれはヒドくなっていきます。

つまり、あなたは、
毎晩ダニのトイレの中で眠っているのです。
そして、残念なことに、どんなに洗濯してもダニの侵入は防げません。

そうやって恐怖心を煽ったところで、、、
次のように商品の話に移るのです。

でも、大丈夫。
ダニの侵入を100%防ぐ枕カバーというのがあるんです。
これは、一流大学の教授と一流企業の研究機関が共同開発したもので、
しかも、値段は1000円もしません

さて、どうでしょうか?

このように人が持つ恐怖心を煽れば、
モノは売れやすくなります。

普通に商品の特徴をアピールして販売するよりも、
人が本来持つ心理や感情を利用する方が圧倒的に強力なのです。

これが、
現代広告の心理技術101」という本で紹介されている
消費者心理の原則の1つ、
「恐怖を利用して売る」という方法です。

「消費者心理の原則」を詳しく知る

PS
悪用は厳禁です。
ウソをついたりして恐怖を植え付けるのではなく、
あくまでも事実に基づいて恐怖を利用する程度に止めましょう

買わずにいられなくなる広告の書き方を学ぶ