ii4.jp

生活に役立つイイ情報

東京近郊の住宅用不動産を所有されている方へ
今、不動産が高騰中!って知ってましたか?

マイナス金利東京オリンピックの影響で不動産市場が活況を呈しています。
東京だけではなく、東京近郊の不動産も値上がりしています。

もし不動産を売るなら、今がベストタイミングの可能性が高いです。

 

でも、不動産を売るなんて、いろいろ面倒と思っていませんか?

まずは、お持ちの不動産がどのくらいの価値があるのか知ることからはじめてみませんか?

実は、あなたのお持ちの不動産が、今現在いくらなのか?

かんたんに、費用もかからずに調べられる方法があるのです

すぐに不動産の価格を調べたい方はこちら

今が住宅用不動産の売り時の可能性が高い

まずは、こちらのグラフをご覧ください。

時事通信2017/04/17の記事より

 

このグラフは新築マンションについてのものですが、今現在マンションの価格は25年前のバブル期に匹敵するほど高騰しています。

もちろんマンション以外の住宅用不動産の価格も同じように高騰中!

このような状況はマイナス金利や東京オリンピックによる影響による点が大きいですが、建設業の人手不足で新築マンションの建築が進まないため、住居用不動産の全体の価格が高どまりしているという理由もあります。

 

ですが、住宅用不動産のこの先の見通しは明るくありません。

その証拠として、新築マンションの販売戸数は鈍化傾向にあります。

時事通信2017/04/17の記事より

住宅用不動産の価格が高すぎて、買うことを控えている人が増えているのです。

「不動産の価格自体は高水準」だけど「売れ行きは鈍化」している、ということは、この先価格が下落する可能性が高いです。

しかも、東京オリンピックまではある程度は経済は好調を維持するとおもわれますが、日本は少子化が進んでおり、住宅需要が徐々に低下していき、不動産の価格も下がることは間違いありません。

不動産価格は今が高値であり、いまが売り時といえます。

 

所有している不動産の今の価格を知るには?

所有している不動産が今どのくらいの価格なのか調べることは簡単で、不動産屋さんにお願いすればいいだけです。

が、不動産の査定金額は不動産屋さんによってまちまちなのです。

 

不動産会社によって査定に数百万の差がでることはよくあること

A社では2500万円の査定だったのに、

B社では3100万円の価格をつけてもらえた…

というようなことは普通にあります。

 

この場合、A社に売却を依頼していたら600万円も損していたことになります。

 

なぜ、このようなことが起こるのか。

 

不動産会社は不動産を安く買って高く売ることで利益を上げています。

なので、できるだけ安い金額で不動産を買おうとします。

 

が、不動産会社によって得意な不動産・不得意な不動産というものがあり

得意な不動産であれば、買い取ってすぐに別の買主を見つけやすく、効率よく売買できるので、高めの価格でも買おうとしてくれます。

逆に、不得意な不動産であれば、次の買主を見つけるまで時間がかかり、その間利益が出ない不動産を寝かせておくことになってしまうため、低く査定せざるをえない・・・という事情があります。

 

結局のところ、不動産売却を考える場合、複数の不動産会社に査定を依頼して、査定額を比較することが重要なのです。

 

簡単に不動産会社の査定金額を比較できる!

そこで便利なのが複数の業者の査定額が簡単に調べられるサイトです

 

東証マザーズ上場の「株式会社じげん」という会社が運営している「マイスミEX」というサイトでは、簡単な情報を入力するだけで、不動産を複数の業者が一括査定してくれます。

 

不動産会社を1軒1軒回ったり、電話したりする手間が必要なく、パソコン、スマホですぐに、あなたの不動産の最高査定額がわかるのです。

しかも「マイスミEX」の利用は無料です。

「マイスミEX」で不動産売却の一括査定をしてみる

2017/05/17